お金・FP関係

お金持ちはお金をたくさん持っている人ではない理由

こんにちわ!ユウです。
皆さんはお金持ちと聞いてどのような人を思い浮かべますか? 1億持っている人?会社の社長? いろいろな回答があるとおもいますが、私がお金持ちと思う人は 『収入、資産に対して支出が少ない人』です。

例を挙げて説明しましょう。

手取り年収1000万円の人が年間1000万円の支出をしている人はお金持ちでしょうか?

毎年稼いだお金をすべて使用する人です。たくさん稼いでいるように思えますが貯金はなく、現時点の仕事ができなくなってしまえばお金持ちとは言えなくなってしまいます。

ユウ
ユウ
貯金ができない人の例です。
資産1億円で年間1000万円の支出をしている人はお金持ちでしょうか?

宝くじに当たった人のような例ですが1億円を1000万円のペースで使用すれば10年で無くなってしまいます。

別途1000万円ほどの年収があれば生活をつづけられますがお金を持っているだけはお金持ちとは言えません。

ユウ
ユウ
あったらあるだけ使ってしまう人の例です。
資産5000万円で毎年120万円の支出をしている人はお金持ちでしょうか?

5000万円に対して支出の120万円は資産の2.5%ほどになります。

収入がないとしても41年今の生活をすることができます。

また、2.5%であれば債券など安全な資産投資を行うことで資産を減らさず生活することも可能です。

私はの資産5000万円で毎年120万円の支出をしている人のような人をお金持ちと思っています。

まとめ

お金持ちで、好きなようにお金を使ったり高いものを購入するような人はとても少数派であると思います。

私たちがお金持ちになるためにはいかに収入を増やすか、資産を増やすかということも大事なのですが支出を減らすということも大切となります。

高いものをたくさん買ったりしている人よりも必要なものだけを買い大切な人と生活している人の方が本当のお金持ちなのかもしれません。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。