お金・FP関係

【お金】今お金があっても家を買ってはいけない理由

こんにちは!ユウです。
結婚して安定したら次はマイホームを考えるのではないでしょうか。
でも、ちょっと待ってください!
家を買うときに知っておかなければならないことがあるので紹介します。

新築は済んだ瞬間に中古

一番は新築は購入した時に資産価値が一気に落ちます。

これは、家が中古になるからです。

100円均一で購入した商品を誰かに100円では売れませんよね?

住宅の購入は、不動産投資です。

購入する際にはリセールバリューを意識して購入する必要があります。

中古物件であれば、価値が一番値下がりするタイミングに所有していないので有利です。

ローン返済額=家賃ではない

家賃を払うのはもったいないから持ち家でローンを払っているという方もいますが、ローン返済額=家賃という考えは間違っています。

ローンとは別に固定費がかかる

持ち家の方は年に1度(正確には4回にわけて)固定資産税を支払う必要があります。私の家の場合には約10万円程度かかります。実質月のローン返済にプラス1万円となってきます。

また、設備が古くなると交換が必要になります。築10年ぐらいになる頃には、換気扇、食洗機、浴室乾燥機、トイレ、外壁などの修繕が必要になります。

特に外壁は張り替えの場合100万円以上かかる場合もあります。ざっと計算して月のローン返済に2万円ほど追加することになします。

合計3万円ほどローン返済とは別にお金がかかってしまうことになります。
マンションの人はこれに追加して駐車場代や共有物の維持費を支払わなければなりません。

ユウ
ユウ
ローンの返済額だけで考えていると大変なことになりますよ

家賃は新築の方が高い

ローンで均等払いにしている場合は35年間同じ家賃と考えられるかもしれませんが実はそうではありません。

賃貸でも新築の方が家賃が高いですよね?

家の資産価値を考えると分かりやすくなると思います。

例えば、フルローンで家を購入して売却する場合購入した場合、購入した瞬間に家の価値は一気に落ちます。

その後10年経ち家を売却するとしましょう。

我が家の例(大体の中古相場で計算)ですが3200万円で購入

10年間で1000万円返済

これは実質の家賃に当たります。

1700万円で家を売却したとするとローン返済の他に600万円必要になります。
ローン返済額を家賃で住んでいたつもりなのですが実際には10年間で600万円もの誤差が出ていたことになります。
月額でいうと+5万円ぐらいですね。

あくまでも例は、私の地域場合ですが実際は誰でも起こることです。

ユウ
ユウ
家が建った時の家賃は賃貸と同じかもしれないけど築年数が立つと賃貸の方が安く感じますよ

残債のリスク

ローン返済中に家を売却したり、賃貸にする場合には基本的に、ローンを一括返済する必要があります。

前項でも説明したようにローン返済額と家の価値のバランスが取れていない場合があります。

この場合、売却するときに売却しても家を失ってローンだけ残ってしまう可能性があります。

実際には、すでに消費した費用なのですが、家を失ってさらにローンも残るのは悲しいですよね。

35年後の家は住めるか?

日本の家は、木造が多く耐久年数が短いです。

築35年の木造であれば構造躯体はギリギリ使えるかもしれませんがボロボロの状態です。

リフォームもしくは再建築となります。

ローンを返済後自分のものになるわけではなく、ローン返済後さらにローンを組まないといけない場合があります。

ユウ
ユウ
実家を思い浮かべるとわかると思います。

まとめ

賃貸はいくら払っても家が自分の持ち物にならないというのは間違いです。

持ち家の場合、賃貸以上に費用がかかるため維持管理にかかる金額を計算することが必要です。

ローン返済額よりも資産価値の低下の方が早ければ家を売却してもローンだけ残ってしまう場合があります。

家を購入する際には以上の事項を理解した上で購入することをお勧めします。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。