お金・FP関係

【実体験】不妊治療にかかったお金の話

こんにちは!ユウです。

普通に夫婦生活を続けていれば子供ができる。
そんなふうに思っていた時期がありましたが私の場合はそうではありませんでした。

結婚して5年が経ちましたが子供ができませんでした。

妻はどうしても子供が欲しい様なので不妊治療の専門の病院に通うことにしました。実際に行った治療と費用についてお話しいたします。

治療の種類はざっくりと以下の通りでした。

人工授精については私たちは行わなかったので今回は紹介しません。

タイミング法

不妊治療で病院に行って初めての場合この治療になることが多いです。

通院して、採血・内診をして排卵のタイミングを予想して夫婦生活を行う治療になります。

1周期でやく3~5回ほど通院する必要があります。

費用はだいたい1周期で2万円ほどかかりました。

不妊の原因が深刻でない場合にはこの方法で妊娠することができます。私たちは1年ほど通院しましたが妊娠することはできませんでした。

ユウ
ユウ
夫婦生活をする日を指定されるので辛い時もあります。

漢方

漢方については不妊治療の病院ではなく薬局での専門の薬剤師からの処方です。

1ヶ月に1回通って約4万円ほどかかりました。

体のホルモンバランスなどを整えて妊娠を促す治療になります。

不妊だけでなく整理のイライラなどを抑える効果もあります。

毎日大量の錠剤やカプセルを飲まないといけないため結構な負担になります。

個人的な感想ですが不妊治療では嗜好品に当たると思うためお金に余裕のない方はタイミング法の後の体外受精をお勧めします。

ユウ
ユウ
体調は良くなった感じがしましたよ

体外受精

精子と卵子を採取して体外で受精をして冷凍保存し、排卵したタイミングで受精卵を戻して妊娠させる治療になります。

タイミング法や漢方に比べると大がかりで時間もお金もかかります。

初回は全体で3ヶ月ほどかかります。
費用は卵子の採取から戻すところまでで60万円ぐらいかかりました。

初回の採卵での受精卵が残っていれば次回は半分の時間で35万ぐらいで受精卵を戻すことができます。

不妊治療を始める年齢が高くなると取れる卵子や受精卵の数が減ってしまうためさらに費用と時間がかかってしまいます。

また、採卵の時に針を刺して採卵するので負担がとても多くひどい人だと採卵後1日間体調が優れなくなってしまうことがあります。

体外受精の場合には治療が高額になるため県や市から助成金が出る場合があります。私たちの場合には県と市に助成金の人生をして合計100万円の治療費から70万円ほどの助成を受けました。と、いっても私たちの場合、2回の治療で自己負担で30万円ほどの実費を支払いました。

ユウ
ユウ
還付されるといえど先払いなので貯金が大切です。

まとめ

妊治療の自己負担分10万を超えるとは確定申告で税金が取り戻せますので普段の病院の通院代や市販の風邪薬や頭痛薬、傷薬、病院への交通費(緊急のタクシーを除く公共交通機関のみ)なども合わせて申請できるので領収書やレシートを取っておくとできるだけ多くの税金を還付することができます。

不妊治療にはとてもお金がかかりますが助成金や税控除を受けられるため実際に支払う治療費は1/3程度になります。

住んでいる地区により助成金の内容が異なるため治療を行う場合には事前に概要を調べて予算を立てて計画に治療することをお勧めします。

男性の育児休業(育児休暇)で損をしない方法男性の育児休業は、女性に比べて短期間で取るため制度を理解していないと損をします。 この記事では、男性が育児休業で育児休業を取得しているにも関わらず手取りを増やすことができる裏技を紹介しています。...
夫より妻の年収の方が高い場合に子供の扶養で損をしない方法世の中の多くの世帯は夫の方が収入が多いですが、妻の年収が高い家庭の場合は言われるままに子供を扶養に入れると損をする可能性があります。 この記事では、妻の方が年収が高い場合の得する扶養の入れ方を紹介しています。...
ABOUT ME
ユウ
放射線取扱主任者、環境計量士を経てFPをしています。不妊治療で体外受精を行い、第一子を授かりました。お金や節約仕事の事などの生活情報を主に取り扱っているブログを運営しています。ブログ内で家計簿の公開もしています。