お金・FP関係

アマゾンで見積書は個人で取れない?

こんにちは!ユウです。

サラリーマンの方であれば、会社で備品を購入する際に見積書を提出することがあります。

ただし、ネットショッピングの場合はどうでしょうか?

今回は、アマゾンで見積書をもらう方法について紹介します。

一般のアカウントでは見積もりは取れない

Amazonに電話で問い合わせたのですが見積書は、作成できないとのことでした。

理由としては、値段は日々変動して見積書通りの金額で提供できないからということでした。

つまり、基本的にアマゾンで見積もりを取って勤め先の決済に上げることができません。

ただし、後述のビジネスアカウントを使用する方法では可能です。

ビジネスアカウントであれば発行可能

アマゾンでは、ビジネス用のアカウントが存在します。

ビジネス用のアカウントであれば見積書を発行することができます。

基本的には、以下のバナーからどのような形態の会社でもアカウントを作成することがでいます。

見積書は、カートアイコンを押した後でダウンロードができます。

ユウ
ユウ
ただ、サラリーマン個人としてはビシネスアカウントを取得するわけにはいかないので会社の決済には商品ページを印刷して決済に上げるしかありません。
【ポイント二重取り】Amazonチャージで1000円もらってお得に買い物する方法アマゾンでは、クレジットカードで購入するよりも現金チャージで購入した方がお得な場合があります。 今なら初めて5000円以上チャージすると1000ポイントがもらえるキャンペーンがあるのでお得です。...
ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。