お金・FP関係

サラリーマン、個人がAmazonビジネスのアカウントを取得する方法

こんにちは!ユウです。

Amazonといえば、言わずと知れた通販サイトですが一般アカウントとビジネスアカウントが存在します。

ビジネスアカウントは大量購入割引や見積もり作成、請求書払いが可能になります。

ビジネスアカウントと聞くと誰でも取得することはできなさそうと感じる方も多いと思いますが実際は要件を満たすことで誰でも取得することが可能です。

今回は、Amazonのビジネスアカウントを取得できる要件につて紹介します。

↓Amazonビジネスアカウントはこちらから作成が可能です。↓
Amazonビジネスアカウントに登録する

取得できる条件

サラリーマン

サラリーマンの場合は取得できないと思いがちですが、条件を満たすことでビジネスアカウントを取得することができます。

発注部署に所属している

会社の発注担当であれば会社名義でビジネスアカウントを作成することができます。

発注部署ではない方は直接的にAmazonを利用することはないと思います。

会社ですでに使用しているアカウントと利用するか、発注を所管する部署へ相談することが必要となります。

ちなみに、会社内で1つしかアカウントが作れないわけではなく部署ごとにアカウントを作成し紐付けすることが可能です。

開業届を出している(副業をしている)

副業で青色申告つまり開業届を出している方は個人でビジネスアカウントが作成できます。

副業をしていたとしても、開業届を出していない方は作成ができません。

副業をしていてある程度収入がある方は開業届を出してからビジネスアカウントを作成することになります。

個人事業主

前項の開業届を出している人と共通しますが、フリーランスなどの個人事業主の方はAmazonビジネスアカウントの作成が可能です。

個人事業主であればどのような業態でも可能なので売り上げが少ないフリーランスの方でも登録が可能です。

↓Amazonビジネスアカウントはこちらから作成が可能です。↓
Amazonビジネスアカウントに登録する

サラリーマン・会社員が個人でAmazonの見積書を発行する方法 この記事では勤め先等でAmazonの見積もりが必要な場合の対処法を紹介しています。...
ABOUT ME
ユウ
放射線取扱主任者、環境計量士を経てFPをしています。不妊治療で体外受精を行い、第一子を授かりました。お金や節約仕事の事などの生活情報を主に取り扱っているブログを運営しています。ブログ内で家計簿の公開もしています。