レビュー

【救世主ペットボトルの登場】シンクが流れなくなった時の原因と対処法

こんにちは!ユウです。

この前、キッチンの排水口を詰まらせてしまいました。

3日ぐらい流れが悪いな〜 と思っていたらどんどん流れなくなってきました。

アルカリ性にすれば汚れが取れるよね!

化学をやっているのでちょっとした知識があり、オキシクリーンを詰まったところへ投下しました。

しかしながらタイミングを間違えた様です。

剥がれた汚れで完全にシンクが詰まってしまいました。

\(^o^)/

汚れというのは黒い塊で、ゴムの様なスライムの様な感じでした。

実際には油汚れの塊です。

ここで登場したのがペットボトルです!

ペットボトルの口を空気が漏れない様にシンクの排水溝へ押し込んでペットボトルを押して空気を排水溝へ送る様にします。

そうすると、つまりが押し出されてつまりが改善しました!

もし排水溝が詰まってしまった場合はまずペットボトルをお試しください。

それでもダメなら、専門業者の高圧洗浄機で押し出してもらいます。(原理的には一緒です)

そもそも排水溝が詰まる原因とは・・・?

排水溝が詰まる原因は油

流す油に注意

キッチンで排水溝が詰まる原因は油です。

フライパンに残った油やお皿に残った油が排水溝に流れて洗剤に混ざったり冷やされて固まることにより排水溝の詰まりを引き起こします。

フライパンや皿などはキッチンペーパー等で拭いてから洗う様にしましょう。

排水溝の手前で詰まった場合には対処しやすいですが、キッチン以外の排水溝と合流したところで詰まってしまうと修理が大変になる可能性があります。

浄化槽に負荷がかかる

浄化槽を利用している家庭では、油が浄化槽に流入すると汚水を分解してくれる微生物に負荷を与えてしまいます。

過剰に流してしまうと浄化槽が故障し異臭などの原因となります。

下水道であれば、家の近くで問題になることはありませんが、浄水場での負荷が大きくなってしまうため下水道といえども油を流すのはやめましょう。

下水道だと言って安心していると家の中で配管がつまりますのでご注意を。

予防方法

いくら気をつけていても油を全く流さない様にすることは不可能です。

定期的に排水溝の掃除とパイプユニッシュを利用して配管の洗浄をすることをお勧めします。

また、少しでも流れが悪くいと感じた場合にはすぐに対応することが必要です。

完全に詰まってしまうと一般人では対処できなくなってしまうからです。

放置してしまうとその分費用が大きくなってしまうのでできるだけ早く対処しましょう。

まとめ

キッチンの排水口の詰まりは油が原因なのでできるだけ油を流さない様に注意する。

排水溝の流れが悪いと感じたらすぐに対処する。

定期的に掃除することで予防できる。

もししまってしまったときはペットボトルを試してみる。

本当にダメなら業者へ連絡して修理をお願いしましょう。

ただし、急いでいてもぼったくられない様に相見積もりをすることをお勧めします!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。