レビュー

Power Shot PICK レビュー 徹底解説

こんにちは!ユウです。

先日キャノンのパワーショットピックを購入しました。

パワーショットピックは他のカメラには無い機能がついています。

それは、自動で写真を撮ってくれる機能です。

カメラが360度回転することによって色々な向きで写真を撮ってくれる優れものです。

もともとはマクアケのクラウドファンディングで作られたものなのですが2021年11月に一般販売されました。

公式HPやYoutubeに挙げられているレビューを見る限りではかなりいい感じなのですが、

公式アプリのレビューや価格.comのレビューを見ると少しイマイチのようです。

実際に自分で購入したみた感想は、レビューほど悪くなかった感想でした。

今回は、実際に買って使用してレビューを紹介します。

PowerShot PICK・おうちセット

おうちセットおうちセット

私自身カメラ初心者だったので、三脚とマイクロSD、充電器のセットを購入しました。

すでに三脚やマイクロSD、USB-Cの充電器を保有している人は本体だけの購入がお勧めです。

ベルボン マルチトライポッド

上部にネジがついている三脚です。

楽天でも販売されていますが、割高なのでセットで購入した方がお得です。

三脚部分をたためば手で持てるようになります。

三脚を畳んだ状態三脚を畳んだ状態

ネジの下にはスマホを取り付ける部分があるので、写っている画像を確認しながら撮影することも可能です。

ただし、大きなスマホは取り付けができないので注意です。

裸のiPhoneXRで取り付けの大きさがギリギリでした。

大画面スマホの場合は注意が必要です。

ユウ
ユウ
ifaceのカバーをつけているとつけられませんでした。

Anker コンパクトUSB急速充電器 PowerPort III Nano 20W

USB-Cタイプの充電器です。

通常のUSB端子の充電器しか持っていない人は必須のアイテムになります。

アンカー以外にも安い製品がAmazonなどで購入が可能なので一度ご検討ください。

サンディスク microSDカード 32GB ウルトラ microSDHC UHS-I SDSQUAR-032G-JN3MA

すでにマイクロSDを持っている場合はそのまま使用できます。

セット品を購入しなくてもAmazonで同性能でかつもっと安い製品が売っているので

急いでなければAmazonで購入することをお勧めします。

商品のレビューについて

Power Shot PICKは発売されてから約半年ぐらい経つのですがレビュー数がかなり少ないです。

クラウドファンディングである程度の知名度があるはずなのですが価格.comでも数件程度のレビューしかありません。

レビューは悪いですが、メルカリの販売金額を見ると価格崩壊が起こっていない状況なのでそれなりの評価を受けていると感じられます。

アプリのレビューがかなり悪い

iPhoneのアプリに関してはかなりレビューが悪いです。

評価はなんと1.8です。(満点は5です。)

ユウ
ユウ
ここだけ見るとかなり悪い製品に見えます。

内容としては、アプリとカメラのペアリングができないというレビューが目立っています。

また、アプリを閉じる(背面起動)状態にすると接続が切れるというレビューもありました。

私の利用した状況であるiPhoneXR(15.3.1)での利用では問題なく接続が可能でした。

ただし、アプリを閉じると接続が切れるのは本当でした。

つまり、アプリを再起動する場合には再度接続の手順が必要になるということです。

アプリと接続しなくても撮影できる?

せっかく購入したけどアプリと接続できなかったらどうしょうという方も多いと思います。

Power Shot PICKの仕様としてはアプリの利用が必要となっていますが最初の設定さえできてしまえばアプリがなくても問題なく利用できます。

とは言っても最初の接続は必要なため、もし購入後に接続ができない状況に陥った場合は友人や家族から別の機種のスマホを借りて設定を行う必要があります。

撮影した写真はマイクロSDに保存されるのでマイクロSDリーダーを利用することでスマホなしでも写真を取り込むことが可能になります。

SDカードリーダーSDカードリーダー
ユウ
ユウ
マイクロSDの投入口が小さいので取り外しが結構大変でした。

マーケティングに注意

PowerShot PICKは、公式HP以外でツイッターやブログ、Youtubeでマーケティングを行っています。

キャノンから器材を提供してもらってレビューしている方がほとんどのためこう言った媒体の情報ではかなりいいレビューが目立ちます。

悪い部分は表に出ないため、鵜呑みにするのはやめたほうがよさそうです。

ユウ
ユウ
写真家さんからイラストレーターさんなど多様な方がレビューを出していました。

PowerShot PICKのここがイマイチ

人物の登録がイマイチ

PowerShot PICKでは、人の顔を認識して登録することができます。

しかしながら、感度が悪いのか最初に登録する人は難なく登録できるのですが二人目以降はうまくいかないことがあります。

個人的にすりこみ現象と呼んでいます。

Power Shot PICKの顔認証は未熟なようでかなりアップの状態で撮影かつ頻度が多く無いとうまく登録されません。

仮に登録されたとしても、登録者優先モードでうまく優先されないためアクティブの状態でも撮影頻度がかなり落ちてしまいます。

そのため、人物優先モードは個人的にはお勧めできないと考えています。

ユウ
ユウ
最初は私だけを追いかけ続けていました。

スマホ接続中は撮影頻度が落ちる

スマホ接続中はなぜか撮影頻度がかなり落ちます。

写真転送中やスマホにカメラの撮影している画像が写っているときは全く撮影してくれません。

自動撮影頻度が少ないと感じるのであればスマホとの接続は切っておく必要があります。

スマホと接続は、写真の転送時か手動での撮影時で使用するのがベストです。

USB-Cの充電器が必要

USB-C充電器

PowerShot PICKには充電ケーブルが付属していますが充電器がついいません。

そのためコンセントで充電するのであればUSB-C対応の充電器が必要になります。

USB-Cは、iPhoneユーザーにとっては利用する機会が少ないため普通のUSBだと思って購入すると、到着してすぐに充電ができない状態になります。

レンズカバーがない


普通のカメラにはレンズが傷つかないようにレンズカバーがついていますがPowerShot PICKにはレンズカバーがありません。

そのため、専用のケースかカメラ用のケースが必要になります。

レンズ部分が大きいため持ち運びする際には細心の注意が必要になります。

持ち運びしなくてもホコリが溜まってしまうため保管する際にも注意が必要です。

ユウ
ユウ
簡単な作りでもプラスチック製で被せる式のカバーが欲しいなと感じました。

カメラを動かし過ぎると撮影が止まる

手で持って傾けて撮影を行ったり振動を与えたりすると電源が落ちます。

理由は、カメラの転倒を検知して安全装置が働くためです。

手で持って撮影するときは傾けたりすることも多いため撮影以外のことに夢中になると知らないうちに撮影が停止することがあります。

PowerShot PICKのここがイイ

シャッターを押さなくても良い

PowerShot PICKは、電源を入れていれば勝手にシャッターを切ってくれます。

カメラを持っていても写真をあまり撮らない人にとってはありがたい機能です。

画面を見なくても顔を追いかけてくれる

追尾機能追尾機能

顔認識はうまくできませんが追尾はそこそこの精度があります。

顔をセンターに入れた状態で撮影を行っていると追尾してくれるため、カメラの向きが変わったとしても顔を映してくれます。

スマホでセルフィーを行う場合は画面を見ながら撮影する必要がありますが、PowerShot PICKでは必要ありません。

自然な写真が撮れる

シャッターを撮るタイミングはいい意味で気まぐれです。

いいタイミングで撮っているものもあれば何を撮っているのかわからない写真もあります。

写真を撮られるときはどうしてもカメラを気にしてしまいがちですがPower Shot PICKを利用すれば様々なタイミングで撮影してくれるので自然な写真を撮影することができます。

普段は撮れない写真を初心者でもたくさん撮影することが可能です。

軽くて小型

サイズは手のひらサイズで重さも普通の小型カメラと同様です。

レンズを保護するための専用ケースを購入すれば気軽のカバンに忍ばせることができます。

PowerShot PICKは、買ってもいい?

レビューを確認した時はかなり不安でしたが、最低限使用できる製品であることが確認できました。

しかし誰でも満足して使用できるかというとそうではないと感じられました。

Power Shot PICKは、普通のカメラと違って使える人と使えない人がはっきりと分かれます。

こんな人にお勧め

一人でセルフィーをすることが多い人

一人で写真を撮るときはどうしても別の事や歩きながら撮影することが多いためカメラに何が写っているかを確認することが難しいです。

Power Shot PICKは、顔を追尾して撮影することができるため何かをやりながらでも自分をカメラの中心におさえることが可能です。

写真を撮る・撮られるのが嫌いない人

写真を撮るときに笑えなかったち硬くなりがちな人でも自然な写真を撮影することができます。

自動で撮影するため全ての写真がいいものというわけではありませんが、たくさんの写真の中からいい写真が1枚ぐらいは見つけることが可能です。

生活を自然に切り取った写真は、プロの写真家でも撮影することは難しいため貴重な写真となります。

カメラをあまり使わない人

カメラを買ったけど風景や人をとるだけであまり面白くなかったというのはカメラを購入した初心者あるあるではないでしょうか。

Power Shot PICKは、電源を入れれば自動で撮影してくれるのでカメラを買ったけど何も撮影してないということはほとんど起こりません。

指導で撮影するため、家に帰ってからどんな写真が撮れたか見るまでも楽しみになります。

こんな人は買ってはいけない

画質にこだわる人

PowerShot PICKの画質はお世辞を言ってもよくありません。

私の持っているiPhoneXRの方が圧倒的に綺麗な写真が撮れます。

動画の撮影も4Kではないため大画面で投影すると画質の荒さが目立ちます。

綺麗な写真を撮りたい人はスマホや同金額帯の普通のカメラを購入することをお勧めします。

撮りたいシーンがある人

PowerShot PICKは、自動で撮影を行うことがメインなため撮りたいタイミングで撮影することには向いていません。

笑ったり、ポーズをとったりしてもシャッターが切られないことが多いです。

運動会やお遊戯会などどうしても撮影したいタイミングがあるシーンにはあまりお勧めできません。

暗い場所で撮影をする人

PowerShot PICKは、公式でも暗い場所が苦手と明言しています。

iPhoneでは問題なく撮影できるシーンでも撮影が難しいです。

夜のキャンプや花火、夜景の撮影には向いていません。

明るく感じる室内でも、かなり明るくしないと暗めの写真となってしまいます。

PowerShot PICKのお勧め設定

PowerShot PICKを購入して撮影しているけどイイ写真が撮れない人に向けて設定を紹介します。

これまでのレビューの中で、スマホ接続と顔認証を酷評しているためこの2つの機能は使用しないことがベストです。

かつ、撮影頻度がそこそこないとイイ写真も撮れないため以下の設定がベストです。

お勧め設定

・自動撮影 ON
・優先設定 OFF
・自動撮影モード アクティブ
・スマホとの接続はしない

ユウ
ユウ
以上の設定が終わったら電源をつけておくだけで充実したカメラライフが楽しめます。

ABOUT ME
ユウ
放射線取扱主任者、環境計量士を経てFPをしています。不妊治療で体外受精を行い、第一子を授かりました。お金や節約仕事の事などの生活情報を主に取り扱っているブログを運営しています。ブログ内で家計簿の公開もしています。