節約

【110円でできる】車の鍵の電池交換

こんにちは!ユウです。

車の鍵の電池がなくなりそうだとエンジンを切った時に警報がないますがそのままにしていませんか?

最悪、スマートキーでエンジンがかけられなくなります。

ワイフ
ワイフ
出勤する朝になったら最悪だね
ユウ
ユウ
一応、電池がなくなってもエンジンをかける方法はありからめちゃくちゃ急ぐ必要はないよ。

ディーラーにお願いすると電池の割には少し高めの金額を請求されます。

早めに交換することをお勧めしますが、実はすぐに自分で交換が可能です。

この記事を見れば自分で電池交換が可能になります。

準備物

マイナスドライバーと交換する電池を用意しましょう。

電池は、100円均一で売っているもので十分です。

電池の型番は、車の説明書に書いてありますので確認してください。

スマートキーから鍵を抜いて溝にマイナスドライバーを入れる

少しづつ力を入れて開いたところにマイナスドライバーを差し込むようにして開きます。

入っている電池を確認する

完全に開くと、電池が見えます。

元に戻す

電池を取り外して元に戻せば交換終了です。

ユウ
ユウ
人にお願いすると500円〜1000円ぐらいかかるので節約になります。
ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。