お金・FP関係

お金を管理する上で最も大切な4つのこと

こんにちは!ユウです。

皆さんはお金を貯めていますか?統計によると約3割の方が貯蓄がないという情報も出ています。

お金を貯めるために必要だった4つの事項を説明いたします。

家計の収支を把握する

お金を貯める上で最も大切なことです。

収支を把握しなかれば何も始まりません。

ただ、1円単位で管理をしなければいけないわけではありません。

まずは23万稼いで先月は20万使ったとざっとで構いません。

その後何にいくら使ったかを確認できるところまで行けば完璧です。
家計簿をつけるのは結構大変です。私も正直、紙でつけろと言われればやる気が起きません。

今の時代はスマホで家計簿が作れます。
しかも自動です。私が使っているマネーフォワードというアプリは銀行、クレジットカード、電子マネーと連携してほぼ自動で家計簿を作成してくれます。

最初の設定だけ時間がかかりますが、完成後はほぼ手をつけなくても良い状態んになります。

もちろん会計は極力現金でしないようになってしまいますが、現金で管理ではなくするよりも数字で管理できるのでいくら使ったかを瞬時に把握することが可能です。

ユウ
ユウ
自分の必要な生活費を把握できます。

まずは収入の3~6ヶ月分を貯金する。

生活費に不安があると生活の先行投資や不安を解消するために保険に加入しなければならなくなります。収入が減ったり、失職したとしても3~6ヶ月生活できるお金があればその間に再就職などして復活することができます。

生活の先行投資とは、ふるさと納税や保険料の年払い、会費の年払いです。

もちろん自分で絶対必要としているものだけにしてください。

まとめて料金を払うことによって年単位での支出を減らすことができます。

貯金があれば、生命保険や医療保険の補償額を減らすことができます。

10~20年分の生活費が既にある場合には生命保険や医療保険についてはほとんどいらない状態にあります。

貯金をすれば減らせる支出もあるのです。

ユウ
ユウ
お金があると払わなくてもいいお金がたくさんありますよ。

同居人と関係が良い

結婚されている方はパートナー、独身の方は親と同居していると思いますが仲が悪い方はお金を貯めづらいと思います。

お金を効率よく貯めるためには財布を1つにする必要があります。

関係が悪ければほぼ不可能に近いです。財布を1つにすることで自分だけのお金ではないことの暗示ができます。

また、毎月の収支を家族で振り返ることができます。

『自分で稼いだお金を何に使っても自由だ』という方はそれでも構いませんが、そのような場合にはお金を貯めることはできません。

生活を整える

部屋の掃除、片付けを行なっていますか?部屋が汚いとお金を貯めることができません。

無駄なものがあるということは無駄なものにお金をかけてしまっているということもあります。

使いかけで使用していない化粧品、ほとんど使わない2つ以上ある文具など少額ですが継続して購入されることで意外と大きな金額になっているかもしれません。

私の家では昨年から家のインターネット(光回線)をやめました。

ネットファーフィンはするのですが動画を見たりオンラインゲームもしないのに月に5000円も支払っていました。

年間でなんと6万円ほどになります。

今は楽天モバイルの回線のみで生活しています。

動画など大容量の通信をしないので低速でも問題ありません。

慣れてしまうと年間6万も無駄にしてたんだなと思えるようになってきました。

ユウ
ユウ
毎年1つづつやっていくと負担を少なくすることができます。

まとめ

最後にですが、家計管理については家庭ごとに異なり正攻法は1つではありません。

いろいろな情報を収集して共通するところがあれば効果がある可能性が高いです。

あとは自分の価値観と照らし合わせて実行していくことが必要です。

アイキャッチ画像:Rudy and Peter SkitteriansによるPixabayからの画像 ありがとうございます!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。