お金・FP関係

ローン破産したくない人のための住宅展示場へ行く前にやる事

こんにちは!ユウです。

これから家を買おうと思ったときに何から始めればいいかわかりませんよね?

私もわかりませんでした。

とりあえず住宅展示場へ行ってみるか・・・というのは将来を考えずに大きな買い物をするので危険です。

この、記事を読めば家を買う前に知っておかなければならないことと損をしない方法を学ぶことができます。

この記事が役に立つ人

・家を建てたいけど何をすればいいか分からない人
・これから家を建てたいけど不安がある人
・ローンが払えるか心配な人

この記事を読まなくてもいい人

・家を一括で購入できる人
・高収入の人
・家づくりで妥協したくない人

家を買うことによって起こる恐怖

ローン破産の恐怖

家を買おうという時は希望に満ち溢れていると思いますが、一番大事なことなので最初にローン破産について説明します。

ローン破産とは、簡単にいうと住宅のローンが払えなくなってしまった状態です。

ローンを払えなくなってしまうと以下の事が起こります。

・住宅の競売
・売った住宅でローンを返済
・残ったローンの返済

ここで一番怖いことは、住宅を打ってもなお住宅ローンを支払わなければならないということです。

なぜそうなってしまうのかというと、家の資産価値よりもローン残高の方が高くなるからです。

3000万円で買った家を翌年に3000万円では売れませんよね?

新築の住宅は、購入した途端に一気に値段が下がります。

もし、中古の住宅を購入すれば最初の値段の下がる部分を前のオーナーが負担するのでローンと資産価値の乖離は起こりにくくなります。

家賃=ローン返済額ではない

賃貸の家にお住いの方は、基本的に家賃だけを支払えば固定資産税や家の修繕費用を支払う必要がありません。

しかし、持ち家の場合は、以下のことを自分でやる必要があります。

・固定資産税の納付
・トイレやお風呂などの設備の更新
・外壁の張り替え

外壁の修繕は、1回100万円以上になることもあります。

ローン返済額に税金と修繕費を合わせると月に約+3万円ほどになります。

家賃と同じ金額で自分のものになると思っていると痛い目を見ることになります。

マンションの場合はさらに駐車場代や駐輪場代、エレベーターやロビーの管理費用なども支払う必要があるので注意が必要です。

要約

・家は買った瞬間に値段が下がる。
・基本的に家を売ってもローンが残る。
・実際には、ローン返済額+3万円かかる。

これからやること

家計簿をつける

家を購入すると基本的には今住んでいる家賃よりも高くなる事が予想されています。

賃貸の時は黒字だったのに引っ越したら赤字になることもあります。

慢性的な赤字になっていると将来的にローン破産になる可能性があります。

家を建てる前からいくら稼いでいくら使っているかを把握する事でローン破産を起こさないよう対策をする事ができます。

ライフプランの構築

あなたはこれから定年までにいくら稼いでいくらお金を使用しますか?

この質問に答えられなければ家に使用できる金額が把握できません。

家計簿を元にこれからいくら稼いで、いくら貯めて、いくら使うかをあらかじめ予定立てることをライフプランと言います。

ライフプランはエクセルで簡単に作成できるので自分で作成することをお勧めします。

ライフプランを立ててどうしても家の予算が捻出できないようであれば諦めたり、賃貸の一軒家にしたりすることをお勧めします。

住宅展示場をめぐる

ライフプランを立てたら住宅展示場へ行きましょう!

住宅展示場に行くとお菓子や雑貨をもらえるので楽しいですよね。

ただし、注意して欲しいのが「今日契約すると・・・」や「キャンペーンが終了します」という言葉は無視してください。

実は特別待遇ではなくいつもやっているものがほとんどです。

契約を煽られても動揺しないようにしましょう。

要約

・家計簿をつけて収支を把握する。
・ライフプランを立てて家にかけられる金額を計算する。
・煽られても急いで契約しない

以上が、家を買おうとした時に重要な事です。
しっかり知識をつけてから家を購入しましょう!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。