節約

【節約】ちょっと待って!お会計する前に調べないといけない事

こんにちは!ユウです。

お店でいいものを見つけるとその場で買いたくなってしまうますよね?
節約しているとはいえ、必要なものを買わないのはNGです。
また必要なものでも損する方法で購入していませんか?
ものを購入する前に考えなければいけないことを紹介します。

購入の目的

必要だから買うのは当たり前なのですが、購入しても実際使っていないものはありませんか?
購入の目的が明確になっていないとせっかく買ったものも使用しなくなってしまいます。
個人的に置物になりやすい商品は、ジューサー、ホットプレート、ホットサンドメーカー、ホームベーカリー、コーヒーメーカー、扇風機、高圧洗浄機、布団乾燥機・掃除機、洗浄場所が限定された洗剤などがあると思います。
もちろん毎日使っている人もいますよね。人によって必要かどうかわからないので私の場合は3回必要と感じたら購入する様にします。ただし、調理家電については3回必要と感じてもできるだけ購入しない様にしています。
また、その様なものはリアイクルショップやメルカリで大量に売られていますので中古品の購入を検討しましょう。

価格のリサーチ

食品などは別ですが洋服や家電、雑貨で2000円以上の製品を買う場合には価格リサーチをしましょう。
まずは、スマホで楽天・アマゾンで検索します。目の前にしている商品の型番を入れればすぐに値段が出てきます。
金額が高いものほど送料込みでもネットの方が安いことが多いです。
次にメルカリなどで中古品を検索しましょう。洋服の場合メーカーと商品名を入れると大体出てきます。例えば、『ユニクロ ウルトラライトダウン』などです。ユニクロなど大量に販売している製品については新品同様のものもあります。(それだけ無駄に買っている人が多いことなのかもしれませんが・・・)
商品の状態などで満足できる様であれば中古品も購入することを検討してください。

リセールバリューを考える

ユニクロで3000円で買ったものをフリマで3000円(送料・手数料別)で販売できるでしょうか?
プレミア品などを除いて基本的には買った瞬間に価格が下がってしまいます。
メルカリで新品同様品を購入するときでも半額以下の金額の場合もあります。
いくら気をつけていても購入後にはものの価格が下がってしまいます。前記にある様に購入する商品の価値を理解した上で購入することをお勧めします。
私の場合は本や漫画を取引することが多いです。本については中古で購入して読んだらすぐに売却しています。
保有している間に値段が下がってしまうのですぐに売約する様にしています。中古で購入して中古で売るので実際に必要な資金は少なくて済みます。ただ、実際は同じ価格で販売しても送料(約190円)と手数料(10%)がかかってきます。

維持費を考える

商品を購入して使い続けるには維持費がかかるものもあります。大きなものでいえば車などです。身近なところでいうと掃除機のゴミパックなどです。また、故障すると修理が必要になります。
購入した後にかかる費用も考えながら購入しましょう。
私の失敗談ですが、デザイン性の高い加湿器を購入して利用しています。
しかし、その加湿器のフィルターが1つ5500円もします。
本体も4万ほどととても高かったのですが、使用するため毎年5500円もかかってしまいます。
買ってから思いましたが、安い加湿器を毎年買い換えた方が衛生的なのではと思ってしまいました。

まとめ

大事なお金ですので満足した買い物をしたいですよね?欲しい時にすぐ買ってしまっては無計画な買い物となってしまうことが多いです。欲しいものがあれば下調べをしてから購入することをお勧めします。

アイキャッチ画像:Alexas_FotosによるPixabayからの画像 ありがとうございます!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。