節約

【節約】携帯を持って生活するだけでお金がもらえる方法

こんにちは!ユウです。

携帯を持って生活するだけでポイントがもらえる方法があります。
それは、歩数計アプリです。
歩数計アプリはスマートフォン内にある万歩計機能と連動してポイントがもらえるアプリです。
数あるアプリの中からオススメのアプリを紹介します。

Cokr ON

Coke ON(コークオン)

Coke ON(コークオン)
開発元:Coca-Cola
無料
posted withアプリーチ

コカコーラが運営するアプリです。
アプリ内で目標を設定して達成するとスタンプがもらえスタンプを15個貯めると自動販売機でジュースが1本もらえます。
しかも、その自販機にある全てのジュースが対象なので一番高いジュースも無料でもらうことができます。
スタンプは、自販機でジュースを購入する方法とイベントでもらう方法、そして歩数でもらう方法です。
歩数の場合1週間で最低35000歩で1スタンプもらえます。
初回登録時には、その他歩数目標もあるためたまりやすいです。
イベントでチケットがもらえる場合もありとてもお得です。

メリット

自動販売機で使える

自販機で使用できるので人目を気にせず使用することができます。
アプリで検索できる自販機以外にも使用できる自販機があるのでコカコーラの自販機を見つけたら近くまで行って確認してみてください。

イベントが豊富

歩数だけでなく定期的に行われるイベントでもスタンプやドリンクチケットをもらうことができます。
初回登録時にドリンクチケットがもらえる場合もあります。

クレジットカードやQR決済でジュースが買える

アプリを使用してクレジットカードやQRコードでキャッシュレス決済できます。
また、アプリ内で交通系電子マネーなどと連携できるのでアプリを使用せずに電子マネー対応自販機で購入してもスタンプをもらうことができます。

人にチケットをあげられる

自分がGETしたチケットを家族や友人にあげることができます。
ちょっとしたプレゼントに使えるのでありがたいです。
ただ、有効期限は更新されないので注意してください。

デメリット

1日平均5000歩 歩かないといけない

職場で携帯を持ち歩けなかったり車通勤をしていると5000歩は意外と難しいです。
徒歩通勤の方や職場で携帯を持ち歩いていればほぼ目標を達成できると思います。

対応していない自販機がある

古い自販機や自販機のメーカーの問題で対応していない場合があります。
Coke ONオプリは使用できないけど電子マネー決済の紐付けでスタンプがもらえる場合があるので電子マネーの紐付けはしておいた方が良いです。

dヘルスケア

dヘルスケア -毎日の歩数をdポイントに-

dヘルスケア -毎日の歩数をdポイントに-
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

NTTドコモが運営する歩数アプリです。
目標の歩数を達成したり体重を記録、コラムを読むとdポイントがもらえます。
1日約1〜5ポイントぐらいもらうことができます。

メリット

dポイントとして自由に使用できる

dポイントカードやメルカリと提携してポイントを使用できるので貯まったポイントが使いやすいです。

1日の目標が3500歩なので比較的達成しやすい

Coke ONアプリよりも達成歩数が少ないので達成しやすいです。
また、歩数以外にもコラムを読んだり体重を記録してもポイントがもらえるので休日でもポイントをためやすいです。

デメリット

ポイント数は抽選なので0ポイントの時がある。

もらえるポイント数は毎回抽選なのでせっかく歩いても0ポイントの時もあります。
最低ポイント補償として1ポイントの時もあります。

毎日体重記録などでアプリを起動しなければならない

Coke ONアプリは週単位で報酬がもらえるため週1の確認で大丈夫ですがdヘルスケアでは毎日起動する必要があります。
1日の終わりに起動を忘れてしまうとポイントをもらうことはできません。

まとめ

個人的にはCoke ONアプリが金額ではなく飲み物が買えるので好きです。歩数アプリは、スマートフォンの万歩計機能を使用しているので1つのスマホに複数のアプリを入れておけば全てのアプリで対応できるのでたくさん入れておくとお得です。
ただし、広告の時間がかなり長かったり、広告の通信料がかさむものもありますのでこの2つ以外はあまりお勧めできないと持っています。時間がある方や、通信量が気にならない方はたくさん入れてみてください。

アイキャッチ画像:Free-PhotosによるPixabayからの画像 ありがとうございます!

ABOUT ME
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。