レビュー

カドー FM-C620加湿器で天板が濡れる不具合の対処法

こんにちは!ユウです。

加湿器でカドーを愛用しているのですが、なぜか天板が濡れる現象が発生しています。
カドー FM-C620加湿器

天板が濡れると操作ボタンが濡れるので故障の原因となります。

意外と数円の費用で修理することができたのでその方法を紹介します。

原因

天板を伝って全体が濡れていたので原因として一番怪しいのは天板です。

天板を外した状態で運転をしましたが、濡れることはありませんでした。

つまり、天板がなければ正常な状態だったのです。

天板の霧を発生する筒が入る部分が一番濡れていたので、筒の排水が天板にあたり表面張力のように伝わって全体が濡れた可能性があります。

対応策

天板と本体の間が狭いと表面張力で全体が濡れてしまうので天板を少しだけ持ち上げる必要があります。

持ち上げるだけであればいろんな方法がありますが、私はクリップ3つで対処しました。
クリップでかさ上げ

クリップの厚みで天板が持ち上がることにより表面張力が働かず濡れないようになりました。

クリップはテープなどで固定する必要もなく、天板を乗せてしまえば通常の状態に見えます。

そもそもの原因はわかりませんが、天板が濡れる不具合があったとしてもクリップを利用すれば使用し続けることができます。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。