レビュー

【購入後もお金がかかる!】カドー加湿器 620 レビュー

こんにちは!ユウです。

我が家ではカドーの加湿器を愛用しているのですが良かったこともあるし不便なところもありました。

購入してから3年目なので現行型は改良がされているところもありますので購入を検討されている方は現行型の使用をご確認ください。

これから購入する人向けに良かったことと悪かったことを紹介します。

良かった点

加湿性能が最高レベル

超音波式なので起動してすぐに加湿ができます。

タンクも大きく加湿性のがよいので湿度もぐんぐん上がります。

強モードであれば数時間で2Lほどの水がなくなるほど強力に加湿ができます。

10畳以上の大きな部屋でも加湿が可能です。

電気代が安い

超音波式なので電気代がスチーム式など他の加湿方式に比べて安いです。

長時間使っても電気代はそこまでかかりません。

乾燥している冬はずっと起動していても気になりません。

加湿口が高い

金属のポールによって高い位置から加湿できます。

高い位置から加湿できるので床を濡らさずに加湿ができます。

また、金属のポールの中で細かい水の粒子のみが排出されるので効率よく加湿ができます。

水が入れやすい

給水タンクがあるわけではなく、本体上部から水を入れることができます。

ケトルなどを使って加湿中でも給水ができます。

容量がそこそこ大きいので重いタンクを持ち運ぶ必要がありません。

デザインが最高

LEDの電飾やデザインが洗練されています。

お部屋のインテリアとしても活躍します。

お部屋を暗くすると綺麗です。

悪い点

メンテナンスが大変

抗菌プレートというものがついているのですが目に見えて効果を感じませんでした。


ほぼ毎日水が溜まるところをメンテナンスしないとすぐにピンク汚れが発生します。

フィルターにもピンク汚れがつくので掃除が大変です。

メンテナンスは毎日必要になります。

フィルター代が高い

フィルター1つで約5000円ぐらいの値段がします。


1ジーズンで1〜2つ使用するので年間で1万円ほどかかってしまうこともあります。

1万円あれば安い加湿器であれば数個買えますよね・・・

収納スペースが大きい

使用しているときは問題ないのですが、使わないときに収納するときに結構な大きさになります。

本体自体はそんなに大きくないですが、収納する箱が結構大きいです。

収納する場所のことも考えて購入することをおすすめします。

まとめ

加湿性能、電気代、デザインは大満足ですがメンテナンスとラーニングコストは最悪です。

毎日のメンテナンスが可能で金銭面で許容できる方にお勧めします。

本体価格も4万円ほどするのでよく考えて購入することをお勧めします。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。