雑記

【移住】福井へ住む方・住みたい方へ

こんにちは!ユウです。

私ごとですが、福井県に20年ほど住んでいたことがあります。
今でもたまに行くことがありますがとてもいい県です。
これから福井で就職される方や学生の方に福井県のことを知ってもらえたらと思いまとめてみました。
私は、福井県の北のほう(嶺北)に住んでいたので嶺北を中心にまとめます。

福井県の概要

人口は、全国的に少ない方で約78万人と政令指定都市ほどの人口しかいません。嶺北にいる人だともっと少ないですね。
広さはそこまで広く無いので人口密度としては全都道府県の真ん中より下ぐらいになります。都会の人からすると商業施設や観光地などめちゃくちゃ混んでるというほどでは無いので比較的ゆっくり休日を過ごすことだできます。

オススメの居住地域

大学周辺(福井工業大学・福井大学)

福井県は自動車保有率が全国の中でとても高く1人1台の生活をしており車社会です。その中でも大学周辺については県外の学生がいることや通学する学生のために交通の便が特に整備されています。福井県で車のない生活をしたいというのであればかなりオススメです。バスに乗れば簡単に福井駅前やスーパーに行くことができます。また、スーパーやドラックストアもあるため買い物にも困りません。ただ、福井県立大学周辺に関しては福井市の市街地から離れているので職場や学校に近く無いのであればオススメしません。

大和田周辺

福井県で一番盛り上がっている場所は、エルパ(アピタのショッピングセンター)を中心とした地域です。週末となれば嶺北の人が集まる地域となっています。

ユウ
ユウ
人口が少ないのでエルパに行けば1人は知ってる人に出会うことができます。(多分)

車があれば、買い物に困ることはありませんしカラオケやボウリング、映画館があるので退屈することもありません。
家賃も都市部に比べればかなり安いのでオススメです。

福井県の良いところ

待機児童0人・教育水準が高い

福井県は、待機児童が0人で共働き率も高いです。
平成29年の文部科学省全国学力学習状況調査正答率は、小学生が全国3位、中学生が全国1位となっています。

道が広く・渋滞が少ない

福井県は、人口密度がひくく地価もやすいため道が広いです。免許取り立てや慣れていない方でも快適に運転できます。主要道路である国道8号線などでもエルパを中心とする商業地区以外ではまず渋滞することはありません。
市街地でなければ時速60キロで走って10分後に10キロ地点にいます。

ユウ
ユウ
裏道なら信号に引っかからないですよ

駐輪場が無料

自転車であれば、駅の駐輪場が無料で利用できます。むしろ私は県外の駅の駐輪場が有料であったことに驚きました。
もちろん車は駐車料金がかかります。

福井県の少し大変なところ

雪がそこそこ降って積もる

豪雪地帯ではありませんが冬は雪が積もります。
朝起きると普通の車では走れない様になるぐらい積もるときがありますので、出勤するときは早めに起きて雪かきをしないと行けません。また、雪が多く降った日は福井市内でも渋滞が起きますので勤務地が遠い場合にはかなり早めに出ないと間に合わないです。ただ、大雪が降った時は遅刻を許してくれる場合が多いです。

車がないと自由に行動はできない・電車やバスの本数が少ない

電車やバスは1時間に1〜2本のことが多いです。通勤通学の時間帯や学校周辺については運行本数がやや多めになっています。
福井市街地から離れると2〜3時間に1本ぐらいになるので福井県の縦横無尽に動く回るには車が必要になります。
観光地においても公共交通機関等で行くと徒歩で10~20分程度歩く必要があります。

民放が2チャンネル

福井県には福井テレビと福井放送の2つの民放テレビ局しかありません。
アニメの視聴については壊滅的です。多くの家庭はケーブルテレビに加入して石川の民放の視聴や有料テレビを視聴しています。BSは、アンテナがあれば問題なく視聴できます。

ユウ
ユウ
人今はネットでなんでも観れますよね

福井で必要な7つ道具

福井県の日照時間は全国的に見てとても短いです。また、弁当忘れても傘忘れるなということわざがあり雨が降る日数も多いです。車の中に傘を常備したり職場などに置き傘などをしている人もいます。

長靴

雪が降ると普通の靴では靴の中に雪が入ってしまいます。とくに駐車場や除雪されていない歩道を歩くときには長靴がないと濡れてしまいます。また、雪で側溝が見えなかったりするので積雪時は注意して歩きましょう。

スタットレスタイヤ

福井県は雪が降るのでスタットレスタイヤが必須になります。12月ごろから3月ごろまで装着していることが多いです。タイヤ交換については自分でやる人も多いのでチャレンジして見てください。お店にお願いすると1回3000〜4000円程度かかります。また、家にスタットレスタイヤを保管する場所も必要になります。スタットレスタイヤについては家の前などに無造作に置いておくと盗難にあう恐れがあるので注意してください。

スコップ

家の前の雪かきや車が雪でスタックしたときに使います。雪が降る季節には車にも常備して起きましょう。
スコップには先端が、丸い形と平たい形があります。丸いスコップは硬い雪の時に使用し、平たいスコップは新雪など軽い雪に使用します。平たいスコップを硬い雪に使用すると曲がったり割れたりしますので注意してください。

雪下ろしT字棒

車の屋根の上の雪を下ろすための棒です。カーショップやホームセンターに行けば購入できます。屋根の上に雪が乗った状態で走っても大丈夫と思っていませんか?実は私もそう思っていました。しかし、ブレーキを踏んだ時や坂道の下りのときに雪がフロントガラスに落ちてくるとワーパーでどかせないぐらいの雪になり完全に視界が遮られてしまいます。とても危険ですので絶対に屋根に雪を乗せたまま車を走行させないでください。

ユウ
ユウ
死ぬかと思った・・・

家の駐車場でフロントガラスが凍りついた場合には、カーショップで売っている解氷スプレーを使用しましょう。水で溶かそうとすると再度凍ってしまったりします。また、お湯で溶かそうとすると温度差でフロントガラスが割れます。また、フロントガラスが凍っているのにワイパーを動かすとワイパーのゴムが割れてしまうことがあるので合わせて注意してください。

石油ストーブ

福井の冬場の気温は氷点下になります。とても寒いわけではありませんが−3℃ぐらいまでは下がります。普通のエアコンでは暖房機能が追いつかないので石油ストーブを使うことが多いです。石油は専用のポリタンクをホームセンターで購入して保管してポンプでストーブの石油タンクへ移して使用します。車がない方は配達を行なっている業者がありますのでお願いしましょう。石油ストーブ自体は1万円ぐらいで購入できますが灯油が1L90円ぐらいしますのでそこそこの光熱費がかかります。

タイヤチェーン

数年前まではスタットレスタイヤがあれば必須品ではなかったのですが数年前に福井の豪雪があり主要道路である国道8号線で大量の車が立ち往生してしまったことがありました。この件からスタットレスタイヤでもタイヤチェーンがなければ大雪の際通行できない道路(特に高速道路)がありますので車に常備しておくことをお勧めします。

意外と福井でも変わらないところ

基本的な遊ぶ場所はある

カラオケ、映画館、ボウリング場など基本的な遊ぶ場所はあります。
水族館やとても小さいですが動物園もあります。
アーティストのライブについても福井県で行われることもあります。特にサンドーム福井は北陸最大級の大きさなので北陸枠の大きなライブは福井で行われることが多いです。過去でいうと、サザンオールスターズ、福山雅治、嵐などがありました。
ラウンドワンやイオンモールについては1時間ほど車を走らせて石川県まで行く必要があります。
最寄りのコストコについても石川県にありますので気軽に買い物というわけにはいきません。
その他のレジャーとしては夏は海、冬はスキーが楽しめます。

お店・チェーン店

ニトリ、スターバックス、西松屋、無印良品、ユニクロ、GU、ドンキホーテなど大手のチェーン店であれば福井県でも利用できます。コンビニもセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートはあります。
コストコ、イケア、イオンモール、ららぽーとなどの大型ショッピングセンターはありません。過去にイオンができると噂がありましたが、福井県の条例などにより一定以上のショッピングモールは今後もできることはないと思います。
ちなみにイオンは小規模の店舗もありません。平和堂とアピタの2強です。
スーパーマッケットであればヤスサキというチェーンが多いです。お惣菜が豊富なので会社帰りに買って帰る人が多いです。

ネットショッピングを使用すればどんなものでも揃う

楽天、アマゾンなどのネットショッピングも問題なく使用できるので大体のものは揃えることができます。
福井県は日本の中央に位置しているので九州、東北北海道を除けば配送時間もそこまでかかりません。

他県へのアクセス

金沢へ電車で約50分

金沢へは特急で50分程度で行くことができます。
今は、イオンモールやコストコが小松にできたため車で行くことが多いです。

大阪・京都へ電車で1時間40分程度

特急サンダーバードで往復1万円ぐらいです。特急は新幹線より席が狭いので少し辛いかもしれません。
特急にはサンダーバード(大阪方面)としらさぎ(米原方面)がありますので間違わないようにしてください。

東京へ電車で3時間50分程度

特急しらさぎで米原まで行き東海道新幹線で東京にアクセスできます。往復33000円ぐらいかかるので気軽にディズニーランドなどへは行けません。また、帰りのしらさぎはとても混み合うので指定席を取ることをお勧めします。

福井県の物価(東海地方を基準に比較)

日用品

洗剤などの日用品は10%ぐらい高い感じがします。物流の影響だと思います。

農産物

そこまで変わりません。ただ、激安のお店はあまり見かけないです。

ガソリン

店にもよりますが東海よりは3〜5円程度安いです。

福井県の主要観光地(嶺北)

恐竜博物館

福井ナンバーワンの観光施設です。(恐竜の博物館としては日本一です)
福井市街から車で1時間ほど離れた勝山市にあります。
福井ではとても混雑する場所は珍しいのですが夏休みなどの恐竜博物館はとてつもなく混雑していますので事前に混雑情報やシャトルバスの情報を得てから行くことをお勧めします。通常の期間であればそれほどではありません。

永平寺

福井市街地から30分ほどで行ける永平寺町にある曹洞宗の仏教寺院です。寺院とかが好きな方にはお勧めします。私は、永平寺で座禅などの体験をしたことがあります。

松島水族館

福井県唯一である水族館で、三国にある小さめの水族館です。
水族館の公式HPに割引券がありますのでHPを見てから行くことをおすすめします。

東尋坊

リアス式海岸の崖です。近くに東尋坊タワーという観光地もありますがタワーからは東尋坊は見れません。また、東尋坊まで距離があります。
東尋坊の駐車場はお土産やさんが提供してくれるので誘導されたところへ止めましょう。
崖の間を入る遊覧船などもあります。

ご当地品

ソースカツ丼

福井県のご当地グルメはソースカツ丼です。福井で一般的にカツ丼というとソースカツ丼に当たります。ヨーロッパ軒という店が有名です。蕎麦屋さんなどでも出しているところがあるので食べてみてください。

五月ヶ瀬

福井で一番人気の土産のお菓子です。甘い味のせんべいです。ナッツが入っていて香ばしい香りが楽しめます。子供が好き好んで食べるようなお菓子ではなく大人が楽しめる甘さ控えめのせんべいです。

さわやか

緑色のご当地サイダーです。微炭酸なのでゴクゴク飲めます。昔はビンでしたが今はペットボトルで売っていることが多いです。スーパーや駄菓子屋さんで購入することができます。

アイキャッチ画像:tomakumaによるPixabayからの画像 ありがとうございました!