分析

【経費削減】排水、産業廃棄物、土壌の分析料金を安くする方法

こんにちは!ユウです。

環境計量士の濃度を持っています。

排水や産業廃棄物、土壌などの分析を安くしたいと思っていませんか?

一般の方は、あまり依頼することはないと思いますが、工場や会社を経営している人は固定費となり重要な問題です。

今回は、排水や産業廃棄物にかけている分析費用をどの様にしたら安くできるかを紹介します。

ユウ
ユウ
分析会社の事情を知ることで安くすることができます。

分析会社を比較する

相見積もりを取る

どの分野でも当たり前のことですが、相見積もりを取ることが必要です。

相場を知らなければ、ぼったくられてしまいます。

最低でも2〜3社ほどに見積もりをお願いして料金を比較してください。

ユウ
ユウ
相見積もりは必須です。

専門の会社へ依頼する

一言で分析といっても幅広い方法やものがあります。

分析は、項目ごとの専門でやっているところが一番安いです。

例えば、水を扱っているところであれば水、土壌なら土壌の専門です。

特殊な案件の場合、分析会社で外注としてたらい回しにされ1.5~2倍ぐらいの料金を請求されることもあります。

「外注になりますか?」と一言聞けばその相場が高いことがすぐわかります。

外注になると聞けば自分で専門の会社を探した方が安くなります。

ユウ
ユウ
外注は割高な証拠なので注意しましょう。

採取を自分で行う

分析業者に依頼するときに、自分で採取する分析会社に採取してもらうかを選ぶことができます。

もちろん、分析会社に採取してもらった方が金額が高くなってしまいます。

第3社に採取してもらうことが重要でなければ自分で採取して、分析会社へ郵送するか直接持ち込むことで分析費用を安くすることができます。

まとめて契約をする

分析が必要な頻度にもよりますが、年に複数回利用する様であれば以来単位ではなく年単位で契約をすると単価を安くすることができます。

また、似た様な分析や支店や別部署の依頼もまとめて依頼するでも良いでしょう。

たくさん依頼するから安くしてねと交渉することで分析費用を安くすることができます。

依頼するタイミングを変える

繁忙期を避けた依頼をする

分析業界では主に7〜11月と毎月の上旬が繁忙期になります。

年1回の依頼であれば、12月〜6月、月1の依頼であれば月末に依頼することで安くすることができます。

もちろん、分析会社によって事情が異なるので依頼するときに「閑散期なら安くなるよね?」と相談しましょう。

納期を決めない

分析会社では納期が短いほど金額を高くする傾向があります。

通常納期もしくは採取後1ヶ月以内など納期を伸ばすことで分析費用を安くすることができます。

ただ、その分知りたい結果が遅くなってしまうので事情に合わせて調整しましょう。

価格交渉をする

環境分析の業界では基本的に毎年単価が下がります。

特に、新しい項目は下げ幅が大きいです。

長い期間契約して金額がそのままであれば一度価格交渉をすることで金額を安くすることができる場合があります。

相見積もりを含めて相談しましょう。

ユウ
ユウ
毎年契約の際に料金の見直しをしてください。
まとめ

・分析費用を安くするには業界の事情を知る必要がある。

・必ず相見積もりを取る。

・できるだけ数をまとめるか、繁忙期を避けて依頼する。

・毎年相場がやや下がるので数年に一度価格交渉をする。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
30歳 男性 会社員 ファイナンシャルプランナー 22歳の就職を機にお金の勉強を始め24歳で結婚し100万の貯金から現在までに3000万円以上の金融資産を作りました。